2014年2月19日水曜日

【注目ニュース】「gacco」開設 / 日本語版Curriki / 卒業生向けMOOC / 東大がedXに参加

・日本語によるMOOCサイト「gacco」が開設

NTTドコモとNTTナレッジ・スクエア株式会社によるMOOCサービス「gacco」が開設した。
日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)公認となる日本初のMOOC提供サイトであり、受講生の募集も始まっている。

4月から東大、早稲田、慶応義塾大などの講師によるMOOCが開講される予定。一部の講座では反転授業も行なわれる(参加は有償)。

gacco The Japan MOOC | 無料オンライン大学講座「gacco」
http://gacco.org/


・Curriki Japan:初中等教育のオープン教材(OER)提供サイトの日本語版

Curriki.orgという米国でK-12(幼稚園から高校まで)のオープン教材(OER)を公開するウェブサイトがある。
早稲田大学が中心となり、このCurrikiの日本語版ウェブサイトが公開されている。

Curriki.orgでは授業で使える教材や資料を多数公開しているが、Curriki Japanでは算数と数学の教材を日本語訳して公開している。Curriki.orgで掲載されている53,000種類以上の教材のうち、120種類が日本語化されている。日本語化教材は今後も増える予定とのこと。

これまで日本におけるオープン教材は、国内で教材を作りオープン化することが多かったが、Curriki Japanの教材は英語教材を日本語に翻訳しオープンにしている。我が国においては珍しい取り組みだが、世界的に見ると非英語圏の地域では大学含め、英語教材を自国語に翻訳して用いることがより一般的である。

海外の教材を日本の教室で、日本の教え方に合わせて使うことも容易ではないだろう。チャレンジングではあるが大変注目される取り組みであり、これからの活動の拡大に期待したい。

Curriki Japan 教材共有サイト(カリキ)
http://curriki.jp/


・ハーバード大による卒業生限定のMOOCを開講

ハーバード大が運営するMOOC「HarvardX」では、来月3月から卒業生限定のオンライン講座"HarvardX for Alumni"を開講する。"Explorations in Learning."をテーマに、卒業生に向けて神経科学や歴史など多様な教養科目を提供する。

卒業生同士のつながり形成や寄付金募集のため、大学はここ最近卒業生に向けてさまざまなプログラムを提供している。MOOCは世界中に散らばった卒業生に対し、大学の「いま」の教育を伝える手段として大変有効だと思われる。同種の取り組みが今後も広まることが予想される。

HarvardX for Alumni | Harvard Alumni
http://alumni.harvard.edu/x

Harvard U. Will Offer Exclusive MOOCs to Alumni – Wired Campus - Blogs - The Chronicle of Higher Education
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/harvard-u-will-offer-exclusive-moocs-to-alumni/50265?cid=wc&utm_source=wc&utm_medium=en


・東京大学がMOOCコンソーシアムedXに参加

東京大学がMOOCコンソーシアムのedXに参加しオンライン講座を公開する。東大は昨年2月にCourseraに参加し2つの講座を公開したが、edXも合わせ2つのプラットフォームでMOOCを公開することとなる。edXに参加するのは京都大学に続いて2校目。

今年の第4クォーターに吉見俊哉教授による「Visualizing Postwar Tokyo」を開講する。この講座はハーバード大とMITと協同して開講するジョイント講座「Visualizing Japan」の一部となる。また東京大学では全学で教育のオープン化を推進していくため、MITの宮川繁教授を大学総合教育研究センター特任教授・オンライン教育担当ディレクターとして迎えた。

東京大学は昨年Courseraで開講したMOOCで、世界から計8万人以上の受講者を集め、5000人以上に修了証を与えた。広報面や海外からの人材獲得面などでも一定の成果をあげたとしている。

UTokyoX | edX
https://www.edx.org/school/utokyox

東大、オンライン無料教育プラットフォーム「edX」に参画 ハーバード・MITとのコラボ講義公開 (1/2) - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/18/news119.html