2013年10月16日水曜日

【注目ニュース】フランスのMOOCポータル / JMOOC設立 / 近畿大付属高の反転授業


・フランス高等教育・研究省がedXベースのMOOCポータルを開設

フランス高等教育・研究省がedXプラットフォームをベースとしたMOOCポータルを開設した。フランスの100を超える機関がこのポータルを使って、来年1月に20コースのオンラインコースを開講する。

edXは、これは政府機関がオンライン教育を受け入れた(embrace)最初の事例であり、edXプラットフォームが採用されたことは、オンライン教育とオープンソースプラットフォームであるedX(code)の力を証明するものだ、と発表している。フランス高等教育・研究省によれば、このMOOCプラットフォームはedXとは独立して運営されるとのことである。

今後、国レベルでもMOOCを活用したオンライン教育の推進が進むと思われる。また、edXのようなオープンソースプラットフォームがデファクトスタンダードとして定着することも予想される。

http://campustechnology.com/articles/2013/10/03/french-ministry-of-higher-ed-adopts-edx-platform-for-mooc-blended-learning-portal.aspx


・日本オープンオンライン教育協議会(JMOOC)の設立

日本におけるMOOCの普及団体「日本オープンオンライン教育協議会(JMOOC)」の設立が発表された。JMOOCでは、日本とアジアのための「学びによる個人の価値を社会全体の共有価値へ拡大するMOOC」の実現を産学の連携によって強力に牽引することを目指す。

記者発表等によれば、NTTドコモや株式会社ネットラーニング、住友商事や富士通などの特別会員を抱え、産学連携によりMOOCの普及を図ってゆくとされている。2014年春からは13人の講師によるMOOC講義も開講される。

協議会の設立により日本語のMOOCプラットフォームが立ち上がり、日本におけるオンライン教育の機会と可能性が拡がることを期待したい。

http://www.jmooc.jp/


・近畿大学附属高等学校における反転授業の事例

近畿大学附属高等学校では、新入生1048人にiPadの購入を義務づけ、デジタル教科書や反転授業を導入した教育を展開している。

英語では、反転授業を導入することで英語を使用する時間を増やすことを目指している。授業の解説ビデオを録画録音ツールで作成して補習などに活用し、LMSにアップロードすることで自宅でも視聴できるようにしている。授業は英語で行われ、デジタル教科書を使って発音の繰り返しや英語を視聴する時間を増やしている。数学では、反転授業の活動にジグソー法を取り入れ、生徒の学習内容の理解を深める工夫をしている。

少し前まで反転授業といえば海外の事例が多く取り上げられてきたが、国内での導入事例も徐々に増えてきた。反転授業の可能性や課題を探るためにも、先進校による継続的な実践に期待したい。

http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/1007_5a1.html