2013年6月25日火曜日

今週の注目ニュース(6/23)


・Yahoo!がMOOCsを使った社員教育をスタート

米国Yahoo!がMOOCsプロバイダCourseraとパートナーシップを組み、MOOCsを使った社員教育を開始した。Courseraでは、本人認証を行いコース修了者に認定証を発行する仕組み「シグネチャ・トラック」を取り入れたコースを50以上開講している。

Yahoo!は社員の専門スキル向上のためにMOOCsでの学習が有効だと考えており、世界的企業であり日々の業務も多忙なことが導入を促したとされている。

Coursera Blog • Yahoo! sponsors employees to earn Verified Certificates on Coursera http://blog.coursera.org/post/53374336556/yahoo-sponsors-employees-to-earn-verified-certificates


・Futurelearnが国際展開へ

英国オープンユニバーシティにより設立されたMOOCsコンソーシアムFutureLearnに、英国外の大学が加盟校として加わった。新たに加わったのは、オーストラリアのモナシュ大学とアイルランドのトリニティカレッジである。両大学ともオンライン教育により大学による教育の機会が拡がることを期待している。

FutureLearnは現時点で英国の大学を中心に26校が加入しており、今年後半からコースの公開を予定している。

FutureLearn announces international expansion - FutureLearn
http://futurelearn.com/news/futurelearn-announces-international-expansion/


・学習成果を認証する「デジタルバッジ」の浸透

大学においてデジタルバッジの導入が積極的に検討されている。デジタルバッジは、学習者がある内容について習得したことを示すもので、学習者の個人ページやLinkedinのようなサービスのマイページ上に、通常バッジを模した画像で表示される。このバッジをクリックすると、リンク先でそのバッジの発行者やバッジの発行条件、またその学習者が習得のために行った活動を証明する情報が表示される。このようなバッジシステムの仕組みにMozilla Open Badgesがあり、誰しもがこのようなバッジを発行できるような仕組みやツールが提供されている。

このようなデジタルバッジを、マッカーサー財団の支援を受けて導入することとなったのが、カリフォルニア大学デービス校である。同校では持続的な農業と食料システムを学ぶ専攻を新たに開設した。この専攻は多くの活動を学外で行うため、学生は行った学習や活動を示すためポートフォリオを制作する。専攻プログラムにおいては、戦略的マネジメントなどいくつかの高いレベルの能力を身につける必要があるが、学生のポートフォリオの中にそれぞれの能力を身に付けたことを示すバッジが表示され、そのバッジをクリックすると、その学生がその能力を身につけた具体的な経験についての情報を見ることができる仕組みを導入する。

デジタルバッジが「公正」なものであるためには、発行者や発行基準が正当なものであることが大前提だが、このようなバッジを様々な学習機会に応じて発行することで、その学習者が何を学び、どのようなことができるのかについてより具体的に示すことができるようになる。インターネット上で本人のプロフィールや経歴を示すことが今後より多くなると予想されることから、デジタルバッジの仕組みが本人の能力を示す一つのツールとして定着する可能性がある。

How Badges Really Work in Higher Education -- Campus Technology http://campustechnology.com/articles/2013/06/20/how-badges-really-work-in-higher-education.aspx

Not Just for MOOCs Anymore: Integrating Badges on Campus
http://edcetera.rafter.com/not-just-for-moocs-anymore-integrating-badges-on-campus/