2013年4月27日土曜日

今週の注目ニュース(4/27)


■rSmartの学習管理部門を朝日ネットが取得

クラウド型LMSであるmanabaを提供する大手プロバイダASAHIネットが、Sakai LMSを使ったソリューションを提供するrSmartの学習管理部門を取得した。
ASAHIネットはmanabaとSakai双方の世界展開を進める。rSmartはオープンソースの大学教務・研究・財政管理システム「Kuali」に注力する。rSmartがこれまで担ってきたSakai CLEのサポートは継続されるとのこと。

http://www.prnewswire.com/news-releases/asahi-net-international-acquires-the-sakai-division-of-rsmart-202504191.html


■アマースト大学がEdXに加入「しない」ことを決定

米国の名門カレッジであるアマースト大学は、ここ暫くEdXでMOOCs公開について議論をしていたが、学内での議論の結果、取りやめとなった。MOOCsの公開がきめ細やかな教育を目指す学風に合わないとの意見や、自分たちはEdXの「実験」に使われるのではとの疑念もあったと言われている。
アマースト大学は自らの手でオンラインコースを開講する方針。MOOCsプロバイダと大学の関係を考える上で、興味深い事例である。

http://www.insidehighered.com/news/2013/04/19/despite-courtship-amherst-decides-shy-away-star-mooc-provider


■インドにおけるオンライン教育への期待

インドにおけるMOOCsの普及が高等教育の機会拡大につながるという議論。オンライン教育の普及を強く肯定している。

http://newindianexpress.com/education/edex/A-quantum-leap-with-virtual-classrooms/2013/04/22/article1548847.ece


■能力に基づいた学位・単位授与の拡がり

サザン・ニュー・ハンプシャー大学のオンラインカレッジプログラム「College for America (CfA)」の学生に対して、連邦政府の奨学金を与えられることになった。CfAでは履修時間ではなく能力に基づいた(Competency Based Approach)評価によって、学生に2年制カレッジの学位を授与する。

同じように能力に基づいた評価を取り入れたオンライン大学として、ウエスタン・ガバナーズ・ユニバーシティ(Western Governors University:WGU)がある。WGUは能力に基づいた評価により単位を授与している。

オンライン教育が大学の学費を下げ、働きながら通う学生への門戸を広げる手法として期待されている。その中で、通常の大学のように授業履修によってではなく、学生の知識や能力を評価することで単位を与える手法が、今後増えてゆくかもしれない。

Competency-Based Education Advances With U.S. Approval of Program - Wired Campus - The Chronicle of Higher Education
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/u-s-education-department-gives-a-boost-to-competency-based-education/43439?cid=wc&utm_source=wc&utm_medium=en