2012年11月26日月曜日

大学による著作物ビデオのストリーミングを認める判決

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が、教育用のDVDを販売しているAmbrose Video Publishingらに訴えられた裁判で、カリフォルニア連邦判事は訴えを退ける判決を言い渡した。

この裁判では、UCLAが授業において同社のDVDを不正にコピーし教員と学生向けにストリーミング配信したことを問題視した。これに対しUCLAは、教材のストリーミング配信はフェアユース(※1)の範囲内であり、TEACH Act(※2)により認められる行為だと反論していた。今回の判決は大学側の主張がほぼ完全に認められたものだと言える。判決文の中で判事は、教員と学生を対象とした著作物ビデオのストリーミングがFair Useの範囲内に当たるのかについて、これまで法廷の場で考慮されてこなかったことを指摘していた。

米国において、オンライン教育における著作物の利用を容易にする法律としてフェアユースが重要な役割を果たしていることは、日本でもよく知られている。しかし、フェアユースはあくまで著作物の例外的な利用について主張する「抗弁自由」であり、その権利を完全に認めているわけではなく、著作権法など他の法律と照らし合わせながら事例ごとに利用の是非が判断される。以前もジョージア州立大学において、フェアユースにより大学の著作物利用が大幅に認める判決が下された(以下の記事)。

OpenEducation Update JP: オンライン上で教育目的に著作物を扱う「フェアユース」の判例
http://oedupdate.jamsquare.org/2012/05/blog-post.html

日本においては、フェアユースのような著作物利用の例外規定が整備されていないこと、オンライン利用については公衆送信権による制限が厳しいこと、判例が積み重ねてられていないことなどにより、オンライン教育における著作物利用には、相当の制限がある。日本においても同様の法整備や事例の積み重ねが求められる。

※フェアユース(Fair Use):教育や批評などを目的とする場合、著作物の利用を著作権侵害から除外する権利
※TEACH Act (Technology, Education and Copyright Harmonization Act):教育機関や学生が遠隔教育において、著作物を教材として柔軟に扱うことを認める法律

Judge Throws Out Lawsuit Over UCLA's Streaming of Videos to Students -
Legal - The Chronicle of Higher Education
http://chronicle.com/article/Judge-Throws-Out-Lawsuit-Over/135932/?cid=wc&utm_source=wc&utm_medium=en