2012年10月17日水曜日

edXやUdacityが認定試験に外部サービスを活用


MITやハーバード、UCバークレーが参加するEdXや、セバスチャン・スラン教授らによって運営されているUdacityで、コース終了時に受ける試験に外部サービスを活用する取り組みが始まっている。MOOCsでは通常、コース終了後に試験を課すことで似修了者に認定証(Certificate)を与えている。この試験を、試験サービスを提供している企業の試験会場でも受けられるようにする試みである。

EdXは、オンラインコースでテストを受講する際に、電子試験配信サービスを提供する企業Pearson VUEのオンライン試験を使うことを発表した。Udacityも同様の発表を行った。Pearson VUEは、日本も含めた170カ国に4000の試験会場を持っている。認定証を与える試験に実績のある外部サービスを使うことで、認定証自体の価値を高めようとする狙いもあると考えられる。

edX Offers Proctored Exams for Open Online Course - Wired Campus - The Chronicle of Higher Education -
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/edx-offers-proctored-exams-for-open-online-course/39656

Udacity: Udacity in partnership with Pearson VUE announces testing centers - http://blog.udacity.com/2012/06/udacity-in-partnership-with-pearson-vue.html