2012年7月25日水曜日

UC Berkeleyがオンライン教育プラットフォームEdXに参加

MITとハーバード大によるオンライン教育プラットフォーム「EdX」に3校目となる大学が加わった。EdXにはこれまで120校を超える大学から参加への興味を示す問い合わせがあったようだが、その中より最初に加わったのはUC Berkeleyだった。

Berkeley Joins 'EdX' Effort to Offer Free Open Courses - Wired Campus - The Chronicle of Higher Education
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/uc-berkeley-joins-edx-effort-to-offer-free-open-courses/37969

UC Berkeley joins edX
https://www.edx.org/press/uc-berkeley-joins-edx

UC Berkeleyからは人工知能とSaas(Software as a service)についての2つの講義が提供される。うち1つはCourseraに載った講義と同じ講師による似た内容のようである。MITとハーバードはEdXの開設にあたって計6000万ドルを出資しているが、UCBはEdXに出資はしない。そのかわり、プラットフォームの開発に貢献するとのことで、すでにUCBの技術者が開発に取り組んでいる。

EdXはゲイツ財団をはじめとして、卒業生等から多額の寄付が集まりはじめている。EdXのリーダーであるAnant Agrwalは、いずれEdXを財政的にも自立させたいと考えていると述べている。

--
オンライン上で教授活動を大規模に行うMOOC(Massive Open Online Courses)の一つとEdXは見なせるが、他のCourseraなどの営利型サービスとの違いは、公開される教材自体がオープンソースである点である。そのため、教材の改変や二次利用が可能となっている。すなわち、EdXの教材はオープン教育資源(OER:Open Educational Resources)に近い性質を持っていると考えられる。

今回の発表には2つのポイントがある。一つはこれまでの告知どおり、EdXがMITとハーバード以外にも開かれた「オープンな教育プラットフォーム」となることが証明されたこと。もう一つは、UCBが取り組むプラットフォームの共同開発のような、EdXを介した出資や教材の提供だけではないコラボレーションの形が見えてきたことである。

先日私の個人ブログの記事にも書かせていただいたようにMOOCには課題も散見されるが、大学がオンライン上で教材を公開するだけでなく、講義活動そのものもオープンにする流れはしばらく続くと思われる。引き続き注目していきたい。