2012年7月23日月曜日

MOOC(大規模公開インライン授業)への批判的な論考


米国カレッジの教授によるMOOC(大規模公開オンライン授業)への批判的な論考。
MOOCは情報技術を使い、教育のコストを削減できると言われているが、教材やプラットフォーム、情報技術が誰にでも手頃で使いやすい状態で手に入れられる状態に変わらない限り、コスト削減は不可能だと反論している。現状、教材やプラットフォームは出版社や企業へ高い費用を払わないと手に入らない。そのため、今のままではMOOCは「見せ物」に過ぎないと断じている。
加えて、高等教育に人件費が多く掛かる問題を情報技術で解決できる、という安直な見方を否定し、テレビやラジオを使った遠隔教育の教訓から学ばなければならないと論じている。

MOOCについてウォッチしている人なら、「The World is..」の引用など唸らさせる記事である。かなり「熱い」文章で驚かさせるが、過去の遠隔教育やeラーニングから得た経験から学ばなくてはならないという意見には、強く共感できる。

---
以下引用
Again, pundits, let’s talk. MOOCs are damn interesting, you betcha, but seriously, if you think they’re about to solve the labor-intensivity of higher education tomorrow with no losses or costs in quality, you have a lot of learning to do. Not just about the costs and budgets of higher education today, but about the history of distance learning. Right now you guys sound like the same packs of enthusiastic dunderheads who thought that public-access television, national radio networks, or correspondence courses were going to make conventional universities obsolete via technological magic. And hey, if you’re that keen on the digital, skip the drinks, I’m happy to educate you via email.
以上
---

Listen Up You Primitive Screwheads | Easily Distracted - http://blogs.swarthmore.edu/burke/2012/07/20/listen-up-you-primitive-screwheads/