2012年5月29日火曜日

オンライン上で教育目的に著作物を扱う「フェアユース」の判例

3つの大手学術出版社が、ジョージア州立大学が出版物の著作権を侵害していると訴えた裁判で、裁判所は出版社の訴えをほぼ取り下げる判決を言い渡した。


Long-Awaited Ruling in Copyright Case Mostly Favors Georgia State U.
http://chronicle.com/article/Long-Awaited-Ruling-in/131859/


ジョージア州立大学では、教員がオンラインで著作物を資料配布し、ログインした生徒が閲覧できる仕組み(e-reserve)を導入している。ここでの著作物の扱いが、フェアユース(Fair Use:著作物の教育利用が著作権侵害に当たらないとする抗弁事由)にあてはまるかが問われた。

判決では、99の著作物のうち5点のみが著作権侵害に当たるとされた。判決では、この利用方法が商用ではなく教育目的であること、著作物の性質、著作物をどの程度の割合で利用したか、著作物の利用がその市場価値にどの程度の影響を及ぼしたか、の4点で検討された。

フェアユースは著作物の扱いに関する判断材料でしかなく、教育目的の著作物利用を完全に守る法令ではない。違法性は事例ごとに評価される。今回の判例は、教育目的にオンライン上での著作物の扱い方を示す重要な事例になると思われる。

フェアユースについては、以下リンクに詳しい。

フェアユース - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9

U.S. Copyright Office - Fair Use
http://www.copyright.gov/fls/fl102.html

---
2012/8/21
原告からの差止請求は却下されました。
Judge slaps down injunction request in Georgia State copyright case | Inside Higher Ed - http://www.insidehighered.com/news/2012/08/13/judge-slaps-down-injunction-request-georgia-state-copyright-case