2012年2月28日火曜日

テクノロジを講義に積極的に取り入れた教授の「変容」

A Tech-Happy Professor Reboots After Hearing His Teaching Advice Isn't Working - Technology - The Chronicle of Higher Education
http://chronicle.com/article/A-Tech-Happy-Professor-Reboots/130741/


テクノロジを積極的に講義へ取り入れてきた大学教授の「変容」をとりあげた記事。
Wesch教授はこれまでYouTubeやTwitterを大学の講義に取り入れ、成功してきた。彼の講義の模様は以下動画に詳しい。



しかし、Wesch教授は他の教授が自分の講義方法をまねても、うまくいかないことに気づきはじめた。彼はある時、彼はテクノロジを全く使わずとも、生徒と良好な関係性を築き素晴らしい講義をしている教授の講義を見学し、感銘を受ける。その結果、テクノロジをどう使うかではなく、どのように教師と生徒をつなげるかが大事であり、教師からの"message"である知識そのものよりも、"messenger"である教師自身の興奮や情熱が、学生を刺激することに気がついた。

---
(以下引用)

...Mr. Wesch is not swearing off technology—he still believes you can teach well with YouTube and Twitter. But at a time when using more interactive tools to replace the lecture appears to be gaining widespread acceptance, he has a new message. It doesn't matter what method you use if you do not first focus on one intangible factor: the bond between professor and student.

…Wesch教授はテクノロジを断ってはいない。彼はいまだYouTubeやTwitterを使うことでよりよく教えることができると信じている。しかし、講義にとって変わるインタラクティブツールを使うことがより受け入れられるようになった今、彼は新しいメッセージを持っている。まずはじめに、ある漠然とした要素 ー教授と生徒とのつながりー に着目しなければ、どんな方法を使うかなど関係のないことを。

(中略)

...At its best, Mr. Wesch believes that interactive technology—and other methods to create more active experiences in the classroom—can be used to forge that kind of relationship between teachers and students where professors nurture rather than talk down to students.

…Wesch教授は、インタラクティブなテクノロジーや、教室でより能動的な経験を作り出す方法というのは、教授が生徒に対し分かりやすい言葉で話すことと比べて、教授が育む生徒とのある種の関係性を築くために、多少使うことができるというのがせいぜいだと信じている。

(以上引用)
---

現在サバティカルに入っているWesch教授は、彼の考えを著した本を書いている。

---
彼の最新の考えが反映された本が世に出されるのが楽しみだ。
彼の教育とテクノロジについての考え方は、以下TEDxのレクチャにも詳しい。