2012年2月13日月曜日

無料のオンライン講義を公開する新興企業


オンライン上で無料で講義を公開する取り組みは、大学によるオープンコースウェア(OpenCourseWare: OCW)が代表的だが、最近では大学出身者とベンチャー起業家が組んだ新興企業も参加しはじめた。

先日紹介したスタンフォード大学のオンライン講義「人工知能入門」を開いたSebastian Thurn教授は、大学のテニュア職を離れ、オンライン講義を無償で公開するサイト「Udacity」を立ち上げた。そのほか、同じくスタンフォード大でオンライン講義を開いたNg教授らは「Coursera」を開いた。

学生が立ち上げた例として、「GoodSemester」がある。これは登録すれば誰でもオンラインで講義を開講できる「ラーニングプラットフォーム」であり、サイト上では学び手にも教え手にもなることができる。将来的には、大学との単位互換を持たせることも目指されている。

「Udemy」は13人の教員により立ち上げられたサイトで、テクノロジーやビジネスに関する教材や講義ビデオを視聴できる。講義は一部有料となっている。

どのような分野の講義にニーズが集まるか、どのようにビジネスモデルを創り上げるのか、など、興味は尽きない。今後の動向に注目したい。

4 Start-Ups Are Offering Free Online Courses - Wired Campus - The Chronicle of Higher Education

http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/4-start-ups-are-offering-free-online-courses/35355