2012年1月20日金曜日

Appleが新しいiBooks、iBookstore、iTunes Uを発表


Appleが19日ニューヨークで開いたイベントで、新製品の発表会を行った。
詳細はプレスリリース、IT系情報サイトが詳しい。

Apple - Press Info - Apple Reinvents Textbooks with iBooks 2 for iPad
http://www.apple.com/pr/library/2012/01/19Apple-Reinvents-Textbooks-with-iBooks-2-for-iPad.html


Apple - Press Info - Apple Unveils All-New iTunes U App for iPad, iPhone & iPod touch
http://www.apple.com/pr/library/2012/01/19Apple-Unveils-All-New-iTunes-U-App-for-iPad-iPhone-iPod-touch.html


Apple、iPad向け電子書籍閲覧アプリ「iBooks 2」をリリース - ニュース:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120120/378941/

アップル、一新された「iTunes U」アプリをリリース
http://www.computerworld.jp/contents/201512


今回の発表内容は、大きく2つに分けられる。

1)iBooks関連

  • iBooks2を発表。「動的で魅力的、インタラクティブ(dynamic, engaging and truly interactive)」な電子教科書のフォーマットに対応
  • Mifflin Harcourt、 McGraw-Hill、PearsonがiBookstoreにて電子教科書を販売
  • iBooksで閲覧可能な電子教科書を作成できるMacアプリ「iBooks Author」を発表

2)iTunes U関連

  • iTunes Uを刷新。ビデオだけでなく、講義概要やシラバス、配布資料もまとめて配布できる「Course Pack」を用意


それぞれ、詳細は以下の通りである。

1)iBooks関連
iBooksに対応する書籍フォーマットが増えた。ePubとPDFに加え、より表現力の高いiBooks専用フォーマット(拡張子は".ibooks"。iBook Authorが生成するのは".iba")が開発された。ibaファイルを生成するiBook Authorが無料で配布され、比較的容易にibooksファイルを作ることができる。ibooksファイルはePubとの互換性は限定的である。

ibooksファイルは、今後電子書籍の代表的なフォーマットになる可能性がある。発表が教育関連イベントということで「電子教科書(educational textbook: e-textbook)」と強調されていたが、教育用途でない電子書籍を作ることも、もちろん可能である。

2)iTunes関連
「Course Pack」の導入によって、オープンコースウェア(OpenCourseWare:OCW)にかなり近い構成で、講義に関連する教材をまとめて提供できるようになった。これまでiTunes UではビデオとePubファイルしか提供できず、シラバス含めた教材を構造化して見せられなかった。新しいiTunes Uの機能を使えば、OCWの機能とほぼ同じものをiTunes U上に設けることができる。
また、iTunes Uは大学だけでなく初中等教育機関(現状、教育委員会レベルに限られる)でもコンテンツが提供できるようになった。


後日、解説記事を掲載する予定です。